趣味としての水泳

水泳の始め方と用意するべき道具の選び方

 

スポーツを趣味にしている人も多いですが、中でも水泳がおすすめです。

 

というのも、水泳は水の中でやることなので体に変な負荷がかからない(浮力が働いて関節などへの負担が少ない)のに運動量は豊富で、体の機能を高めてくれるためです。

 

また、ダイエット効果・体を引き締める効果も期待できますし、持久力を高めるのにも役立つんですよね。

 

難点は、できる場所が限られてることですね。泳ぎ行こうかなと思っても、そこに行くまでに時間がかかったりするので、そういった意味では気軽にできないとも言えます。

 

でも、1人でもできることですし、お金もそんなにかからないのでハードルが高いというわけでもありません。

 

今回は、大人になってからの水泳の取り組み方、どういった水泳教室があるのかなどをご紹介していきますので参考にしてみてください。

 

練習したいのか習いたいのか

 

水泳の練習をしたいのか、それとも習いたいのかどっちでしょうか。

 

当たり前ですが、一人で練習する方が安上がりですし、融通も利きやすいです。

 

ただ、我流だと変な癖がついたり、上達するまでに時間がかかりやすくなったりします。

 

もし短い期間で上達したい、一緒に練習するような人がほしいというのであれば、水泳教室を利用するといいでしょう。

 

水泳のならい方にはどういったものがあるの

 

水泳のならい方、水泳教室にもいくつか種類があります。

 

個人にレッスンを依頼する

 

水泳のならい方として、個人にレッスンを依頼するという方法があります。

 

たとえば、同級生であったり知り合いで泳げる人がいれば、依頼するのもいいでしょう。

 

とは言え、それだと恥ずかしいとか周りにそういった人がいないと言うこともあると思います。

 

最近は個人の先生を簡単に見つけ、サービス提供を仲介してくれるサービスもあるので、そういったサービスを利用してみるのもいいでしょう。

 

当サイトで紹介しているものとしては、ストリートアカデミーというところがあります。

 

⇒ 近くの水泳教室・講座を見てみる

 

公営施設で行われている水泳教室

 

公営施設で利用料を払いプールを借りることもありますが、実はそういった公営施設で水泳教室が行われていることもあります。

 

費用はまちまちですが、スポーツジムのものよりも安いんですよね。

 

ただし、選択肢はそこまで多くはないので、場所的・時間的融通が利かないこともあります。

 

東京体育館

 

大人の水泳教室が用意されています。

 

1ヶ月コース、2ヶ月コースがあり、複数回にわたりレッスンを受けられるのが特徴。

 

専門性が高く、やや価格は高めとなっていますが上達したいのであれば、検討してみるといいでしょう。

 

参加費用:施設利用料600円+有料レッスン料

 

詳細はこちら:https://www.tef.or.jp/tmg/pool_top_schooldetail.jsp?id=46474

 

新宿スポーツセンター

 

成人向けの水泳教室が用意されています。

 

詳細はこちら:http://www.shinjuku-sportscenter.com/school.html

 

水泳教室のあるスポーツジム

 

取り組みやすいところで言えば、スポーツジムで実施している水泳教室・スクールを利用するのがいいでしょう。

 

コナミスポーツクラブ

 

成人向けの水泳教室が用意されています。

 

詳細はこちら:https://www.konami.com/sportsclub/school/swimming/index.php

 

ルネサンス

 

習熟度別にクラスが分けられており、振替制度もあるのでそれぞれの都合に合わせて利用できます。

 

詳細はこちら:http://www.s-re.jp/school/swimming/index_1.html

 

メガロス

 

習熟度別にクラス分けがされているので、泳ぎに不安のある方でも気軽に参加可能です。

 

詳細はこちら:http://www.megalos.co.jp/school/swimming.html

 

オアシス

 

レベルに応じたクラス分け、また振替制度があるので利用しやすいです。

 

詳細はこちら:http://www.sportsoasis.co.jp/school/swimming.html

 

イトマンスイミングスクール

 

大人向けのクラスも用意されているので、お近くに施設があれば検討してみるのもいいでしょう。

 

詳細はこちら:http://www.itoman.com/-swim/class_adult.php

 

水泳を始めるのに用意するべき道具

 

水泳を始めるに当たり、用意しておかなければいけないものがいくつかあります。

 

水着

 

すでに持っていればそれでもいいですが、海水浴などとは違うと言うことは認識しておきましょう。

 

あくまで泳ぐのがメインですから、泳ぐのに適さない水着はNGです。

 

⇒ 水着の一覧はこちら

 

水泳キャップ

 

忘れがちですが、水泳キャップは必需品です。

 

多くの場所で着用必須、ないと施設が利用できないので必ず用意しておいてください。

 

⇒ 水泳キャップ(スイミングキャップ)の一覧はこちら

 

ゴーグル

 

ゴーグルも用意しておくといいでしょう。

 

⇒ スイミングゴーグルの一覧はこちら

 

タオル

 

特にこれといった決まりはないので、普段使っているものなどを持って行くといいでしょう。

 

プールバッグ

 

普通に使っているバッグでもいいですが、プールバッグを用意しておくと便利ですよ。

 

趣味からのレベルアップ

 

趣味レベルで楽しく泳ぐだけでもいいんですが、そこからさらにうまくなりたい、正しいフォームを身につけたいというのであれば、スクールに入るのがいいでしょう。

 

スクールに入れば仲間もできますから。ただ、あまりそういったグループに入るのもなぁ、というのであれば基本的に独学になります。

 

さらに上を目指す

 

さらに上、マスターズであったり競泳レベルで活躍したいのなら、アテネ五輪代表の森隆弘さんが監修しているDVDをおすすめします。

 

このDVDは自己ベストを出すことを目指したもので、なんといっても1カ月以内に自己ベストが出せなかったら全額返金してくれる、というのが大きいですね。ただ、だれにでもと言うわけではなくて、しっかり実践した方限定ですが。

 

また、そのほかのサポートとしては直接メールで相談ができる(無制限)、大会で勝てるメンタルの話の動画もあり、自己ベストを出せるような仕組みになっています。詳しくは下記リンク先から確認してみてください。

 

⇒ 効率的に速く泳げるようになる方法はこちら


趣味としての水泳記事一覧

水泳と水中ウォーキングのススメ

最近、わたしが趣味の一環として始めたのが水泳です。水泳をはじめてから体に良い変化が見られはじめたので、これから水泳を始めてみようかな、とお考えの方や、また水中ウォーキングについても触れているので水中ウォーキングに興味のある方にも、その魅力についてご紹介できたらなと思います。水泳をはじめたきっかけ小学...

≫続きを読む

マスターズスイム大会への挑戦と楽しみ方

52歳男性の体験談です。水泳を始めた経緯と上達速度私は20年前に水泳を始めました。自宅の最寄り駅近くにスポーツクラブが出来たことをきっかけにカナヅチを卒業して泳ぎ続けています。水泳教室に入って顔を水中に沈めるところから始めて、1年かけてクロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライの順番に泳ぎを覚えていきまし...

≫続きを読む

カナヅチな大人の自分が水泳教室に通い始めた結果

水泳を始めたのは20年前、私(男)が32歳の頃でした。自宅の最寄り駅近くにスポーツクラブが出来たのがきっかけです。最初はマンション建築かと思い気にも留めていませんでしたが、完成が近づきそれがスポーツクラブだと気づいた時に興味を持ちました。その頃の私はカナヅチで、海水浴に行けば波打ち際で溺れかける状態...

≫続きを読む

素人が教える水泳コーチ術

初心者コースで「ブクブク・パー」という、水中で鼻から息を吐いて水上で口から息を吸う練習から始めて、1年ほどでクロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライの4種目を会得。そこで泳力を確かめるつもりでマスターズ水泳大会に参加しました。目標が出来ると練習にも身が入ります。マスターズコースという競泳向けのクラスに入...

≫続きを読む

オープンウォータースイミングとは?プールの競泳との違いなどを解説

1年ほど水泳教室に通ってクロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライの4種目を会得しました。そこでどの程度泳げるのか、どのくらいの実力なのかを確かめるつもりでマスターズ水泳大会に参加。結果は予想より上出来でした。年齢区分ごとに順位を決めますが、種目や参加人数によっては3位までに入りメダルを獲得できることもあ...

≫続きを読む

大人になってからのプールデビュー|スポーツジムの選び方や通う頻度も紹介しています

社会人になってからずっと通いたいとおもっていたのがプールのあるジムでした。現在30代半ばです。小学校時代に2年ほどスイミングスクールに通っていは影響で泳げると言えば泳げるのですが、人並みかまあ程ほどという位。本当は何キロも自由に泳げるのが理想なのですが、中学から遠方の学校に通い始めたのをきっかけに「...

≫続きを読む

ジムのプールに通ってダイエットする方法

ジムのプールに通う事でダイエットが順調に進む方法を書きます。まず通う目安は週2日以上。理想は週3〜4日です。それ以上は筋肉疲労により乳酸もでやすくなる(老けやすくなると言われている疲労物質)と聞くのであまりお勧めできません。自分が無理なく仕事や学業と両立して楽しめる範囲で通うのが一番のコツです。また...

≫続きを読む

水泳によって得られる効果やその魅力

私が水泳を始めたきっかけは、小学校の授業で泳げなくて恥ずかしかったことがきっかけです。習い事として非常にポピュラーではありますが、習った人とそうでない人の差が非常に如実に現れるスポーツであると思います。スポーツが得意な人でなくても、ある程度スイミングスクールで学べば運動神経に関係なく上達するスポーツ...

≫続きを読む

美容・健康に良くてリフレッシュもできる水泳のススメ

私は幼少の頃からスイミングスクールや部活で水泳に親しんできました。水泳は本番こそ他人との競争ですが、練習や大人になってから個人で楽しむ水泳は、もっぱら自分との戦いです。私は現在30代に突入していますが、自治体のプールには20代半ばに行き始めました。それ以来、ひと月に一度くらい体を動かしたくてプールに...

≫続きを読む

水泳は気分転換にもダイエットにも最適

現在20代後半になる女性です。私は2年前から水泳を趣味としています。それまでの私は運動嫌いで、仕事と家の往復以外は全然動かず、休みの日も家に引きこもってゲームばかりしていました。身長160cm台に体重60Kgだった体型は20代半ば頃から崩れてきて、悲しい事に太りやすくなってしまったのです。気づけば体...

≫続きを読む

初心者(大人)が水泳を始めるにあたって押さえておくべきポイント

当方30代の女です。すごく運動音痴なのですが、そんな私でもできた水泳のお話です。水泳上達までの流れ小さい頃は実は泳げませんでした。保育園のときの水遊びからして嫌いでしたし、小学校低学年のときは、顔を水につけるのがとても嫌でした。それが、今となっては、スポーツクラブで他の人に混じって泳げるまでに上達し...

≫続きを読む